あなたにならわかる、あなたのためのためのサイト(噛んだ;

--- ただの ぷろふぃ~る ---

ふくたま

Team : ふくたま

pilo…♂
カシン…♂
ナベ・デ・ポン…♂
ステファン2号 …♂
シーモネーター…♂

全員♂…てなわけ。

☆☆☆ とんそく ☆☆☆
コメント欄を読まないとワケワカメ
そんな記事の連続が嬉しくもあり
哀しくもある、そんなサイト







スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャーペンのしん

2006-05-07 (Sun) 21:56[ 編集 ]
そう、あれは連休前のことじゃった。

シャーペンのしんについて
何か記事を書こう、とpiloさんと約束をした。

僕はシャーペンのしんにまつわる思い出を探してみた。


僕が初めてシャーペンを握ったのは
中学生の頃だったように思う。
僕が握ったシャーペンは何故だかすぐにつぶれてしまった。
分解したせいもあったろう。
筆圧が高過ぎたせいもあったろう。
ノックの回数がヒトよりもちょっぴり多い目だったせいも
あったかも知れない。

その頃から早十数年。
自動的にアダルトになった僕は
Bのしんを愛用している。
HBのしんは時々きぃきぃと鳴くからだ。
黒板を爪で引っ掻くような鳴き声で僕を悩ませるからだ。

筆圧が高い目の僕が
やわらかい目のBを使う。
あっという間にしんが減っていく。

shar_shin

シャーペンのしん屋さん。
そんなシャーペンのしん消費量の多い僕に
何かくれてもいいです。

(追記)
思い出という甘酸っぱい記憶は
シャーペンのしんにはありませんでした。
ちゃんと探したのですが。

(ステファン2号@ふくたま)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



ふくたま管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukutama7.blog25.fc2.com/tb.php/135-d91ca26a

 | HOME | 



03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


  • 試しに「いやーん」と入力してから、 「検索」ボタンを押してみてください。


  • お買い物に行こう


  • 人気コミック


  • 人気DVD


  • piloのよりスゴいデジカメ


『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社の商標です。 リヴリーアイランドに関わる著作権その他一切の知的財産権は、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社に属します。 このサイトは『リヴリーアイランド』およびソニーコミュニケーションネットワーク株式会社とは一切関係がありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。