FC2ブログ
あなたにならわかる、あなたのためのためのサイト(噛んだ;

--- ただの ぷろふぃ~る ---

ふくたま

Team : ふくたま

pilo…♂
カシン…♂
ナベ・デ・ポン…♂
ステファン2号 …♂
シーモネーター…♂

全員♂…てなわけ。

☆☆☆ とんそく ☆☆☆
コメント欄を読まないとワケワカメ
そんな記事の連続が嬉しくもあり
哀しくもある、そんなサイト







スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なーんとなく韓流ブーム

2005-11-09 (Wed) 21:44[ 編集 ]
パッチギ


「パッチギ」って…

あっためるモノ? 着るモノ? 文房具?
罰ゲームのときにやる「でこピン」の俗称?

いえいえ、違います。

ハングルで「突き破る、乗り越える」などの意味を持ちますが
映画の中では「頭突き」の意味でも用いられています。

オイラは喧嘩というものにほとんど縁がない
幼少、青年、青春時代を過ごしてきたので、
果たして喧嘩のフィニッシュホールドに「パッチギ」を使うやつが
どれだけいるのか見当つきませんが、映画の中ではかなりの
有効技のようです。

そういえば、一度だけ、タイマン勝負ってのをやったことがあります。
小学6年生だったオイラは、6年4組のお目立ちグループのなかにひっそりと
息を潜めていました。居心地のいいポジションで、楽しい
School Life
を楽しんでいたオイラに、小学時代最大の危機が訪れたのでした。

それは突然のことでした。
二学期の中ごろ、3組とのドッジボール対決(ただの陣地の取り合いで、対戦とかはなぜかしない)の遺恨から、いつの間にか5対5のタイマン対決をすることになり、その先鋒としてオイラが選ばれちゃったのです!

姉さん、またまた事件です!」




 (長いので中省略)

「うぉらっ!」(オイラの掛け声)
「せいっ!」 (山崎君の掛け声)
「うぉらっ!」(オイラの掛け声)
「せいっ!」 (山崎君の掛け声)
ちくびっ!」(オイラの掛け声)
「せいっ!」 (山崎君の掛け声)
………
(以下10回ほど繰り返し)

息つく暇も無いローキック合戦が繰りひろげられたが
お互い、なんでこんなことになったのだろうという自問自答が
頭の中を駆け巡っていたのも確かだった。

「はぁ、…はぁ…」

いつしか、ローキック合戦は、『息をきらせた小学生同士が見つめあう合戦』
と化した……

長い膠着状態に痺れをきらしたのか、大将格の丸ちゃん
ストップ!、ストップ!もういい、一回戦は引き分けや」



後のことはあまり覚えていないのだが、一応、そのあともタイマン勝負らしいものは
あったと思う(ハンマーパンチ対決、ぐるぐる腕回しパンチ対決など)。
しかし、どの勝負も最初は白熱するが、尻すぼみ感が残る対決ばかりだった。

なんとも収まりつかない雰囲気が漂いだしたその時、
5時の知らせを告げる学校のチャイムがなり、
戦うことに飽きてきた小学生たちは
「引き分けってことにしようぜ」という大将格2人の言葉に素直に応じた。

結局、3,4組で連合軍を作ることで合意に達し、
よくわからないままタイマン対決は幕を閉じました…

「お前の蹴り、なかなかやるなぁ、むっちゃ痛い。」

「いや、お前のんこそ、まじでめっちゃ痛いって!」

(ふたり、照れながら)

一緒に帰ろっか!」

お互いの蹴りを褒め合いながら、帰り道に駄菓子屋で
黒棒ストローゼリーをほお張り、仲良く家路につきましたとさ

……こうして、僕と山崎君との友情は意外な出来事から生まれたのでした。

いやぁ、こうして書いていると、あの日の太ももの痛さが、今でも思い出されるなぁ…
こんな気持ちを甦らせてくれた「パッチギ」乾杯!



韓流度数は 貧乳レベル です(日本映画です)

思い出度数は 巨乳レベル です(文句なし!)

(シーモネーター@ふくたま)
スポンサーサイト

コメント

不良度からいうと

★★です。井筒監督らしからぬ作品です。
主人公の一人(在日)の妹がきれいだったので二つ進呈しました。
井筒作品といえば、古くは「ガキ帝国」(島田伸助主演/大阪のバッドボーイストリー)があるし、やっぱり「岸和田愚連隊」(第1作ナイナイ主演/第2作千原兄弟主演)を見ないわけにはいかないでしょう。(第2作目は井筒作品だったか自信ありませんが)
詳しくは、またの機会に。
「岸和田...」は原作もおもしろいですよ。(中場利一:作)

観たことがないけれど

シーモネーターさんの美しい思い出に
映画部価格34962円(税込み)
をつけたいと思います。

タイマン。
漫画の中だけかと思いました。
いいな。素敵だな。
タイマン。

>カシンさん
「岸和田少年愚連隊」(ナイナイのほう)はかなりイケてますよね。
この作品を観てから、井筒のおっさんを見直しましたもん。

>ステファンさん
『タイマン』はいいもんですよ。

でも『チクビ』にはかないませんけどね…

>シーモネーターさん
『タイマン』と『チクビ』をどう比較してのことですか?

カシンさん

今日中に一発カシンの原稿よろしくです。

piloさん

SOUL BARで作戦会議だ

SOUL BARは

乗った。
でもはやく原稿よこせ
作戦会議はそれからだ

コメントの投稿



ふくたま管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukutama7.blog25.fc2.com/tb.php/70-0dc5f99f

 | HOME | 



09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


  • 試しに「いやーん」と入力してから、 「検索」ボタンを押してみてください。


  • お買い物に行こう


  • 人気コミック


  • 人気DVD


  • piloのよりスゴいデジカメ


『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社の商標です。 リヴリーアイランドに関わる著作権その他一切の知的財産権は、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社に属します。 このサイトは『リヴリーアイランド』およびソニーコミュニケーションネットワーク株式会社とは一切関係がありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。